梅田スカイビルはフリーメイソンのモニュメントである 3

リング
39階に到着したあなたを何が出迎えるか。
「ウェルカムボード」の上に描かれた一つのリングが出迎える。
まあ、リングや丸は他にもあるけれども、とにかく正面の半透明の板が「ウェルカムボード」なのである。
(ちなみに、大阪梅田教会であなたを出迎えるものは何?)
173
空中庭園展望台はこのマーク(ロゴ)によってあなたを歓迎する。あらゆるところにこれがある。(チケットそのものまでがそれである。右写真)
そして注目すべきはリングの中の「173」である。これはこのビルの高さ173mを表わす。しかし、自身の高さにこだわり表示したがるビルは一般にどれほどあるだろうか。いや、あるかも知れない。しかしそれはそのビルが非常に高い場合だろう。その時には、そのビルは自身の高さを誇りたくなるかも知れない。しかし今の時代、173mという高さはそんなにズバ抜けて高いというほどではないだろう。何故そんなにこの数字を前面に出したがるのか?
私自身、普段あまり数字に目を付ける方ではないが、しかし、足してみて下さい。1+7+3=11
加えて、この展望台にはその名もズバリ「173」という一室がある施設ガイド。そこには、ルミ・デッキに似て、坐る者の状態・動作に応じて変化する「光」を提供する装置がある。(名称は「ふわ」と「ピカ」とで fuwapica)
私には「11」と「光」で決定的であるように思われる。
ここで人が連想すべきはこのようなものだろう。
これそのものとは言わない。「直接」の関係があるかどうかは知らない。が、「背景」にそのような思想があることは間違いないだろう。
(fuwapica という機器それ自体ことを言っているのではない。)
空中庭園大明神
40階フロアに「空中庭園大明神」の社〔やしろ〕が置かれている。
日本の会社が社屋の屋上に社を置いたりするのはままあることである。
しかし、空中庭園大明神のご利益は「恋愛成就」である。
そして、それは「星」を祀っているようである。「ご神体」は隕石だという参照
2009年4月にリニューアルされ、神道の神職によってお祓いされた参照
しかし、ここに注目すべきはリニューアル前のそれである参照
まず第一に、ここに見る鳥居は梅田スカイビルそれ自身を表わしている(下の絵と見比べて欲しい)。これは、「ツインタワーはある種の人々にとって宗教的な門を意味するだろう」という論のそれなりの信憑性を、この鳥居が物語っているかのようである。
そして第二に、「大明神」のご神体の位置に置かれたものの衝撃性である。
「衝撃性」と言って悪いだろうか。大げさだろうか。
もちろん私も、神道の文脈においては殆どありとあらゆるものを「祀る」ことができ、神道の神職は祓えと言われればおよそ何でも祓うことを知っている。(誤解だったらお許しを。)
そして、空中庭園展望台の日本人スタッフは言うであろう、「星は展望台がその象徴とするものに過ぎません。ちょっとロマンチックでない言い方をすれば、展望台の『売り』の一つに過ぎないのです」と。
しかし、私は言いたい、「日本人よ、『星』は西洋人においてはもっと別の意味を持ったものであり得るのだ」と。
梅田スカイビルのプロデュースに西洋人が絡んでいませんでしたか?
ペンタグラム
そして七夕には、彼らはペンタグラムWiki-enを置く。
先ず、「ペンタグラム」でなくてもよい、「星」ということでよい。
しかし、日本の七夕の祭で、このような形で「星」を大きく強調して配することは、どれほど習慣的だろう。それは日本的か。あなたはかつて見たことがあるか。
そして、やはりこれは「ペンタグラム」である。
ペンタグラムは日本の神社でもまま見受けられるようだけれども(晴明神社など)、西洋ではオカルトや魔術との関連で語られる場合が多い。これが逆さペンタグラム(inverted pentagram)なら尚更である。しかし、そうでない普通のペンタグラム(regular pentagram)でも安心はできない。何故ならそれは魔女宗ウィッカなどがよく使うものだからである。
五芒星
彼らは普段からも星を飾っているだろうが、七夕とクリスマスは特に星の飾り時である。館内には星が溢れる。
そして、七夕とクリスマスには、そのようなディスプレイ以外にも彼らは趣向を凝らす。彼らは来場者にチケットに添えて星形のオーナメント(短冊)を渡し、それに願い事を書くことを勧める。
記入されたオーナメントは、記入者本人によってそれ専用のポストに入れられたり、他の場所(展望台の一角や、七夕なら竹笹、クリスマスならツリー)に吊るされたりするだろう。
五芒星は星を表わす形として一般的でもあるから、五芒星という五芒星がすべて悪いものとは限らない。しかし彼ら(梅田スカイビル)の場合、彼らが持つ他の要素との関連で考えられるべきである。(五芒星も、一種の五芒星であるペンタグラムと同様、ある種の世界において魔術的な意味合いを持つことがあるからである。)
注)ただし勿論、梅田スカイビル=梅田スカイビルの日本人スタッフ、なのではない。
小結論
以上、いろいろなものを見て来たが、私は、梅田スカイビルが何であるかを知るためには次の四つだけでも十分だと思う。
依って、(今度は断定する)
梅田スカイビルは
フリーメイソン/イルミナティのモニュメントである。
Umeda Sky Building is a monument of Freemasonry/Illuminati.
しかし、まだ終わらない。
《次のページへのリンクは右下にあります》
広告
カテゴリー: conspiracy タグ: , , , パーマリンク